とんこつ味

堂本剛さんファンブログ

分かっていた結論のようなもの

この1週間、あまり仕事になりませんでした。
人と話したり外で動き回っていると普段のように仕事に集中できるのものの、社内でPCに向かうともうダメで、1時間ボーっとしては1時間働くの繰り返し。

私がこうも落ち込んでいるのは堂本剛が好きすぎるからでそれはもういいんですが、日常生活に支障をきたすのはどう考えても不味い。

なかなか気持ちを立て直せず、結果早出残業ずくしで家族に思いっきり心配かけましたが、落ち込んだときに大切な人が傍にいれくれるということは大きくて、まあなんとななりそうです。というかなんとかしなければ。

 

■悲しみ、音楽、そして分かっていた結論のようなもの

変わらない日々とはいえ、大袈裟な言葉を使うと世界が変わったような、前と全く同じには戻れないような気もしています。
でも、変わったのはもちろん世界でなく自分です。

そして、「人生ってのはそんなことの繰り返しだ」というのは、剛さんが歌い続けてきたことだったり、ライブで真剣にラジオで穏やかにバラエティで飄々と話してきたことだったりもして、剛さんって色々な経験をしてきたんだろうなと今更ながらに思ったりもしました。 

他にも色々なことを考え、自分が何にこんなにショックを受けているのかをつらつらと箇条書きにしたりもしたのですが、考えれば考えるほど分からなくなります。

剛さんの表現力の魂を揺さぶる尋常じゃない凄さは、ファンなら感じたことがあると思います。
例え何があろうともそこが失われることはないと心から信じていますし、剛さんが現状では無理と断言したプロとしての音楽に向かっていく姿もいつまでも見続けていたいし、剛さんの音楽がこれをきっかけに変わるとしても、常に変化し続けてきた剛さんに対してそれをどうこう言うのは無粋な気すらします。次のステージに進む剛さんを応援して見続けていたい。

ライブでの爆音を当分控えるとしても、ライブの音というのは一般人にも負担になるほど大きいので、大音量によるオーディエンスの熱狂やトランス状態がなくなろうと、そんなことは剛さんが音楽を伝えるのに何の影響もないんじゃないかと、変わるなら変わって全然かまわないと、あくまで個人的には無責任でありつつも思います。

こうして一つ一つ考えていくと、他にもとても書けないようなことも含めて、全てを前向きに捉えて応援できるのに、どうしてこうも苦しいのか。

つきつめると理由はなくなって、ただ悲しさだけが残ります。
純粋な悲しみ、それを癒すのは、もしかすると音楽なのかもしれません。

私にはミュージシャンにとって耳に不安を抱えるということがどういうことか分からず、剛さんがどういう環境なのかも知らないし、その心境は全く推し量れません。

ですが、剛さんの今の気持ちが分からないから不安なのかというとそういうわけでもなくて。むしろ、コメントもメッセージも出さなくていいから、ファンのことなんか忘れて治療に専念してもらいたくらい。
故郷でもいいしハワイでもいいし、ゆっくりできるならそうして欲しい。

先週のパーティーで、剛さんが「あと2週間は治療に専念して、それ以降は回復しなくても音楽の作業を再開する」と語ったと聞いた時も、ただ無理をしないで欲しいと思いました。今は自分のことだけを考えて休んで欲しいと。

ですが、ふと、剛さんは今何をしているだろうと考え、もちろん治療をしているんだろうと思った時に、それは自分のためであると当時に、再び音楽をオーディエンスに届けるため、すなわちファンのためでもあるんだと、ようやく、本当にようやく思い至りました。

この15年、色々な道があったであろう中で、シンガーソングライターという道を、その中でもリアルな自分を表現するというファンと直接に向き合う道を選んだ剛さんを見ていて、苦しみも多いだろうなと切なく思ったこともありました。

でも、それはこういう時にファンの応援を力にできる道でもあるのかもしれない。

治療も音楽の作業を再開するのも、剛さん自身の為であって欲しいと強く願いますが、再びオーディエンスの前に立ちたいという気持ちがモチベーションになるのかもしれない。

直接的に出来ることはないし、応援がどの程度届くかなんて分からないけれど、きっと、そういうことでもあるのでしょう。

とりあえずは、剛さんの回復を祈りながら、剛さんの音楽を聞いたりラジオを聞いたりTVを見たり、『銀魂』を見に行ったり、KinKiをTVで見たりと、いちファンとして今までと変わらない日々を送ろうと思います。
その中で、ラジオにメールを送ったり、ファンレターを書いたりもしていこうと思います。

分かりきっていた結論ですが、でも、そう思えるまで結構かかった。

 

【平癒祈念】

この夏と剛さんの強さとこれから

昨日、シュトレディンガーの猫のように、決まっているはずの現在を知るのが怖くてなかなかPCをつけられませんでした。

それでも意を決してラジオ『Fashion & Music Book』を聞き、20周年パーティーに参加された方の感想を読んで、剛くんの状態が思っていたよりもずっと深刻だと知り、半月前、突発性難聴という病名と入院を同時に知った時よりもさらに衝撃を受けました。

とにかく悲しくて悲しくて凄く悲しくて、どうしたらいいのかよく分からなくて上の空です。

人によっても、昨日のイベントに参加したかどうかでも、今の剛くんへの思いは大きく違うんだろうと思います。
KinKi Kidsはオーラも凄いけど癒し系のα波も出せるし、何といっても二十数年第一線のアイドルで、ファンを楽しませることにかけては筋金入りのプロフェッショナルですから、きっとみんなが笑顔になれて感動的なイベントだったと思いますし、それが剛くんや周囲の人の仕事で、そんな剛くんも凄く好きなんですが。でも。

先日はパーティーに参加したかったと本心から思ったけれど、行かなくてよかった。
出来る限りどんな剛くんも見ていたいと思ってファンをやってきましたが、たぶん、今、私は笑って仕事をする剛くんを直視できません。

それは、ファンとしてどうあるべきだとか言いたいわけではなく、現実を受け止められそうにない私の問題です。どうしよう。

 

■この夏と剛さんの強さとこれから

闘病記をユーモア調に書いた作家さんや漫画家さんの作品をいくつか読んだことがあります。
ですが、リアルタイムと言えるこの状況で、自分で紙芝居を書いて大喜利風に笑いを取りながら、3万人に自分の口から経緯を説明するなんてことがやれてしまう剛さんが、ちょっと信じられません。
日頃からあれだけ音楽に救われたと音楽への愛情を語る剛さんが、片耳の聴力がほとんど回復していないという現実を躊躇なく言葉にできることも、本当に信じられない。私は、こうしてキーボードを打つだけで喉に何かがつかえて指が震えるのに。

この人は、どれだけ自分を突き放して見ているんだろう。
剛くんが弱いなんて誰が言ったんだろう。

いつか、剛くんが改めてこの夏のことを語れる日が来るんでしょうか。
10代~20代前半の心情を、詳細は語らずとも深く語ってくれる今があるように。

昨日のイベントで終始穏やかに笑っていたと聞いて、「迷惑をかけた」「自分が情けない」と話していたと聞いて、今の彼に弱音や怒りをぶつけられる場所があることを願わずにいられません。

剛くんの周りには彼を本当に想っている人たちがたくさんいて、剛くんが愛情に包まれているのは分かっていますが、優しや思いやりは、時に本当の気持ちを押し殺しもするものだから。

これから先。

剛くんにとって、自分の内面を吐露できる手段が音楽であり続けるならば、いつかまた、剛くんに剛くんの音楽を歌って欲しいです。
それは、来月のフェスや再来月の平安神宮で、思いのほか早く聞けるのかもしれないし、もっとずっと先になるのかもしれない。
いつでもいいから。

これからの剛くんにどうか世界が優しくありますように。

 

【平癒祈念】

KinKiファンの凄さを思ったり、LFに涙ぐんだり

昨日はあれから、払い戻しのメールでディレイビューイングの中止とパーティーの内容大幅変更を知ったり、SMGOとLFの更新があったり、『音楽の日』の出演中止を知ったりと色々あって、うわー、KinKi Kids大変そうだなあと。SMGOを読んでも大変そうです。
本当に直前までつよっさんがパーティーに出演する方向で動いてたんですね…。

でも、参加されるKinKiファンの方のツイッターが本当に明るくて前向きで健気で、何よりも楽しそうで、本当に凄い。
KinKi Kidsを20年間第一線に居続けさせたのは、特にここ数年について言えば、間違いなくKinKiファンの力なんだと感動しました。

今日と明日、KinKiファンの皆さまが笑顔でパーティーを楽しまれますように。
 

■会員サイトブログ『Love Fighter』

かわいい…(´・_・`)
何でかわいいんだろう。顔文字以外は真面目な文章なのに。
文字から鱗粉とかシャマスパイスとか出てます?
ひたすら明るくて真面目でかわいくて悶えました。やっぱりファンをよく分かってらっしゃる。かわいさ演出の裏に、そんな冷静さも感じてホロリ。
昔から剛くんってそうだよなあ。かわいいのは素なのかもしれませんが。
治療の開始時期が大切というようなことを聞いていたので、19日に発症して20日に治療を開始したというのを聞けたのも嬉しかったです。 

 
 

【平癒祈念】

パーティー出演中止が決まって

剛くんの週末のKinKiの20周年記念イベントへの出演取りやめが発表されました。
生中継で映像出演をするそうです。

やはり体調が戻っていないんだと、剛くんがステージに立てないことが意味する重みに打ちのめされつつも、そんな状態での出演が取りやめになったことに、正直とてもホッとしました。

もしかしたらそうなるんじゃないかと予想はしていましたし、悲しんでいる方もいらっしゃるかと思うと複雑ですが、きっと大部分のファンは病気を押してまで無理をして欲しいなんて望んでいないと思いますし。
それは、公式サイトのコメントにあるような完全なパフォーマンスが出来る出来ないの問題じゃなくて、剛さんの身体を、これからを考えて欲しいから。こういう場面で無理をして欲しくないとファンが願う愛情を、今までの20年間を通してKinKi Kidsが作ってきたからです。

次に思ったのは、「ああ、何としても参加することにしておけばよかった」ということでした。
これ、同じ気持ちになった方も多いんじゃないかと思いますが、ひたすら単純に光一さんを全力で応援したいという気持ちが沸き起こってきまして。

剛くんの入院を聞いて以来、ずっとモヤモヤしていたこのイベントに対して、スイッチが切り替わったように前向きに捉えられた気がします。

チケットないけどこの際音漏れでもいいから土曜の午後に上京して日曜の朝イチで帰れば時間はなんとかなるかもと、ネットを見ましたが、チケット以前に飛行機も満席でした。ああ。
残念がっていたら、よほど強行しそうに見えたのか、上司からNGが出ました。
はいすみません。年と体力を考えます。最近顔色ヤバイですよね。
福岡から光一さんを応援します。


明日、明後日とも東京横浜は猛暑が厳しいようですが、光一さんも、バンドメンバーをはじめ出演される方も、スタッフの方も、参加されるファンの皆さまも、どうか体調には注意されてください。
愉快で感動的で素敵なパーティーになりますように。

 

そして剛くん、どうか身体を一番に考えてください。
今までもこれからも、ずっとずっと応援していますので。
待ってますし、信じてますし、祈ってます。

 

【平癒祈念】

明日7/14、実写版映画『銀魂』公開!!

気がつくとアクセス数が増えていました。
おそらく読んでくださっているのはほぼ剛ファン、KinKiファンの方だと思うのですが、やっぱり剛くんって人気者でファンがたくさんいるんだなあとしみじみ。

シリアスな記事と萌語りを交互にアップしていて、我ながら何とも不安定な気がしますがまあいいや。実際は日替わりでなく分刻みで、どうかどうか剛くん…と涙ぐんだ次の瞬間、つよ杉を思ってニマニマしてたりと、より不安定です。

ということで、ちまちま書きためていた映画実写『銀魂のプロモなどの感想を公開前にまとめてみました。みんなで楽みにできるっていいですね。

 

■楽しみ

撮影がとっくの去年に終わっていて剛さんの仕事はもう何もなく、手放しで楽しみにできる『銀魂』がこのタイミングにあって本当に救われてます。

剛さん曰く「ちょっと出てるだけ」だそうですが、予告が凄くいいですし、映画の前評判もいいですし、つよ杉の前評判も足とか足とか足とかなんか凄いですし。

私の密かな夢だった映画で剛さんのトメGというのも嬉しいです。
こんなに早く実現するとは、剛さんのお母様の言葉をお借りすると「つよっさんもそんな歳になりましたか」という感じです。

 

■つよ杉キャスティングの感想(超今更)

もう大分前の話ですが、高杉役がつよっさんだと聞いて。

「えええええ!?小栗銀さんと身長差が(ryだし、高杉って切れ長釣り目で子安ボイスのイケメンなのに」と思ったのですが、ご本人も
「見たら全然俺とキャラ違うし。詐欺や」
と、さすがの感想で笑いました。

さらに、銀魂ファンの友人に
「高杉がつよしくんってどう思う?」と聞いたところ、
「顔も声も体型もキャラも違う。剛君は役になりきるタイプやけど無理があると思う。でも、心配せんでも原作ファンは空知先生のコメントで心広く受け止める体制になってるから大丈夫だよ。そもそも剛君は福田組だから一肌脱いだっていう友情主演的な感じで、あんまり出番ないっちゃない?」
と、励ましなんだかよく分からない慰め方をされました。まだ紅桜編と知らなかった頃です。

まあ、剛を演出することにかけて天才的な福田監督が撮る以上、剛ファン的には美味しい萌えキャラなのは確実ですし、演技力があるから良いものになるとも思いますし、なによりもぶっちゃけ剛さんが出るなら私は何でも楽めるんですが、ジャンプの人気漫画の人気キャラなのに見た目が全然違うというのは、本当に余計なお世話ながら世間の反応がちょっと不安でした。

そりゃ福田監督の初メジャー映画なんだから剛さんは出るだろうけど、本人の言うとおりエリザベスにしとけば…。

監督ってば「高杉は絶対剛にやって欲しくて」って、本当にどうやったら剛さんに対してそんな信頼感ができるの…と震えつつ、もう撮影しちゃったらしいのでとにかく公開をおっかな楽しみに待ってたんですが、それがこんなによさげだとは。

すんませんでした、監督、剛さん。

特に監督。
勝手に、監督にとっての剛さんはヘタレな萌キャラなんだと思ってました。
かっこいい剛もセクシー剛もいけたんですね。

 

■6/28 映画『銀魂』ジャパンプレミア

 「つよしのすね毛、欲しい人います?」との福田監督の呼びかけに「はーい!」と明るく答えるおそらく同志の皆さま。当然のような笑顔で客席を見る監督。引くムロさん。というか監督が「ビニール袋にすね毛いっぱい入って!すね毛!!いっっぱい!!!」と超笑顔で興奮気味に話してる時点から、もう周囲は引いてるような…(笑)。監督が味方でよかった。よかっ…た…。

あと、菜々緒ちゃんのLINE LIVEでの「兄様」呼びに激しく萌えました。
ににににいさま!!!

前のエントリにすね毛エピソード追加しました。

 

■公式サイト

つよ杉とジャスタウェイを探してウロウロ。

個人的な問題ショットは、サイトのすみにひっそりとある、宇宙船の甲板で高杉の後ろに神楽が立つ遠景の静止画です。

神楽環奈ちゃんのシルエットが原作再現率超高くて漲る一方、つよ杉様の原作との乖離率がハンパないです。
剛さんは役に入り込むお方ですが、シルエットはいかんともしがたく。
なんかもったりしてます。つよっさんて重心がお腹だから。
しかし頭身がかわいいというか、バランスが2次元ですね。溢れるつよしみが愛しいです。

 

■つよ杉レビュー 

福田監督のツイにもあった記事の覚え書きです。
ライターはSMAPの公式コラム(強火)を書いていた相田冬二さん。
以下抜粋。

男も惚れる堂本剛の艶やかさ
堂本剛のオーラが半端なく素晴らしい
華麗な殺陣
まなざしの強度
台詞まわしの説得力
震えるほどカッコいい
思わず「ついていきます!」と声をあげたくなるほどのカリスマ性
硬質な色気
女子ばかりでなく、間違いなく男をもとろけさせる
「男が惚れる男」を演じることができる役者
孤高のイメージ
男たちがついていきたくなる男
肩にまったく力が入っていないのに、言葉がじわじわ染み込んでくる
異彩を放つ演技力はホンモノ
そんな芝居は、必見と言っていい
クールな艶やかさ
出典:男も惚れる堂本剛の艶やかさ!『銀魂』での迫真のラスボスぶりは必見 | エンタメウィーク 

何度読んでも凄い。
ファンでもこんな書けないよ!私、かなりイタいファンなのに!
つよっさんがベタ褒めされると嬉しい、ちょろいファンです。

 

■モデルプレス 監督インタビュー

泣きました。剛くんは愛されてるなあ。
いずれまたあらためて感想を。

福田雄一監督、高杉晋助役が堂本剛に決定するまでの“感動秘話”明かす<モデルプレス銀魂インタビュー> - モデルプレス

福田雄一監督が明かす、堂本剛の役作りのアドバイザーは“家族”?<モデルプレス銀魂インタビュー> - モデルプレス

福田雄一監督が「銀魂」で堂本剛に一切コメディをさせなかった理由が深い<モデルプレス銀魂インタビュー> - モデルプレス

堂本剛が“役者として評価される理由”を福田雄一監督が語る 小栗旬ら一線で活躍する俳優も尊敬<モデルプレス銀魂インタビュー> - モデルプレス

堂本剛が小栗旬と挑んだ“見せ場”で福田雄一監督はまさかの熟睡…撮影裏話を明かす<モデルプレス銀魂インタビュー> - モデルプレス

 

 ■ヒット祈願

剛ファンとしては主演じゃなくてちょっと気楽とはいえ(しかし作品に1ミリの責任もないファンですらそうなんですから、主演俳優さんや監督やプロデューサーのプレッシャーは凄いんでしょうね…)、個人的に原作漫画の『銀魂』のファンでもあり、なによりも福田監督のファンでもあるのでやっぱりドキドキしながらヒットを願ってます。

33分探偵』の成功を皮切りに、『勇者ヨシヒコシリーズ』で見せつけた監督の才能がついにメジャー映画で輝く時が。
しかも作品は『銀魂』で、しかもしかも主演は小栗旬くん。

どうか数字としてもいいものが残りますように。
微力ながら見に行きまくります!
周囲に「面白かったよ~」と宣伝しまくります!(見る前からもう感想を決めている)

 


【平癒祈念】

仙人と未来と大丈夫

先日書いた「よく眠れるようになった」というのはやはり勘違いで、単にあの日は寝不足がピークを超えただけだったようです。また全然眠くなくなり、ひたすら深夜まで働いてます…。

月曜の『しゃべくり007』
つよしくんは仙人だそうです。どうりで傾世元禳を持っててテンプテーションが使えるわけです。

翌朝に録画をちょっとだけ見ましたが、ああ、剛くんだ…と。
細くて頬もこけ気味だけど、剛くん。
声のトーンやテンポがいつも以上にスローで、なんか雰囲気がふわふわしててました。
何で剛さんは昔から出る番組によって印象が違うんだろう。

剛さん…どうか焦らず体調を戻してください。そして元気な姿をどうか。
涙ぐみながら、OP途中まで見て会社へダッシュ。そのまま時間がなくて続きを見てません。今週末は休めるかな。早く全部見たいです。



■仙人と未来と大丈夫

世代的に、「仙人」と聞いて思い浮かぶのは亀仙人太公望スースに妲己ちゃん。
というのはさておき、個人的に「仙人のような人」というと、熊谷守一坂本繁二郎、吉田博、田中一村といった画家が思い浮かびます。

好きな画家ばかりですが、共通して感じるのは、晩年の作品に感じる深みです。
もちろん若い頃の作品もとてもいいのですが、画家が年齢を重ねるほど、不要なものが削ぎ落とされ深みが出て、絵に何かが宿っているように感じます。
それは、仙人と呼ばれた画家が、絵を通して自分を見つめ続けた時間の量が関係しているように思うのです。

『正直しんどい』の林Pが、剛さんが物づくりにかける時間の量についてブログに書いていたことがありますが、それは剛さん本人やその周囲の人の話からファンにも何となく想像がつきます。

そして、数年前からの剛さんの作品には、その気配のようなものが少しずつ表れてきているように感じたりもしています。音楽も、お芝居も。

それはこれから先、もっともっと研ぎ澄まされ、深みを増すはずで。

これから先。

この2週間で悟ったのは、やっぱり自分がとてつもなく落ち込んでいるということでした。
もういいや。
とことん落ち込んで、涙が出た時は泣こう。

さっきは、福田監督のモデルプレスのインタビューを読んで泣きました。
やっぱり人の愛情って凄いです。
病気とか耳とか関係なく、根本的なところで剛くんは大丈夫だと信じられます。
それをこうしてファンに伝えてくれることが本当に有難いです。

大丈夫と言う言葉は深いですね。
「愛してる 大丈夫」
『この恋眠ろう』のリフレイン。


今週末のKinKiのイベントで、剛さんはステージに立つんですよね。
まだ完治はしていないというのは分かっていることですが、それでも、剛さんもファンも、剛さんは大丈夫なんだと感じられる場になればいいと願っています。

そしてイベントが無事に終わり、剛さんがゆっくりできる環境になりますように。

 

【平癒祈念】

今週末のイベントを思う

いったんUPして推敲不足だと削除した記事なのですが、今、UPしないと意味もないので、そのままひっそりと公開します。

週末のKinKi Kidsの20周年PARTYが気になって気になっています。
私は参加しないのですが、『音楽の日』の生中継も今から緊張しています。

2週間前、歌うこともままならなかったらしい剛さん。
通院治療から緊急入院して入院治療に切り替えた剛さん。
退院後、完治していないので通院を続けて様子を見ながら仕事をするといいつつ、当然のようにすぐにドラマ撮影に復帰している剛さん。


アイドル、ミュージシャン、役者さん。芸事をやっている人は皆さんそうなのでしょうが、剛さんも体調が悪い中でのコンサートについてはたくさん経験がある人で。

10代の頃、冬コンでも春コンでもしょっちゅう体調を崩していたけれど、特に夏コンは毎年金田一でガリガリにやつれていて、回によってはMCであまり喋れない程疲れていたり、フラついていたり、腰を痛めていたり。
20代では一時期精神的な波が大きくて、過呼吸やPDの発作が出た回があったり、身体的にもほぼ毎冬カゼをひいていて、鼻血が出るような高熱を出した年もあったり。
30代になって仕事量が落ち着くに従って心身も落ち着いたように見えたと思ったら、膝を痛めたり。
それでもだいたいはステージに立つと、あの歌声と魅力と表現力で、ファンにとっては無敵だったわけですが、時にはそうもいかない公演もありました。

今回も、治療中で身体に不安を抱えていてもステージに立つんでしょうか。
そうだとしても、それはファンにとって嬉しいことではないんだよ、と伝えたい。
それは、パフォーマンスがどうとか言う問題じゃなくて、剛さんの身体を、これからを考えて欲しいから。だから、無理をして欲しいとは全く思っていないこと。
ファンとのそんな関係を、今までの15年、20年を通して、剛さんは作ってきたんだと、剛さん本人や周囲のスタッフに伝えたい。

剛さんが変わったように、ファンもそれぞれ変わった。
きっと成長もしたし、あの頃とは違う。だから。


そんなことをつらつら考えながら、仕事の合間にブログやツイッターを眺めていて今日の『うたコン』を忘れていたことに気づきました。わわわ。会社の休憩室でリアルタイムで視聴。

「元気は元気だけど、やはり耳の方がまだ良くはなっていないので歌うのは厳しい」

その光一さんの言葉にじわっと涙が。
これが今日、火曜日の生放送。イベントは土曜。

剛さんは今どういう状態で、剛さんや周りの人達は週末のステージをどういう思いで迎えるんだろう。
光一さんもかなりやつれてて心配です。

祈るしかできないけれど、本当に祈ってるから。どうかどうか。

 
はあ、仕事に戻ります。

 

【平癒祈念】