HIGE DE BOIN

堂本剛ファンブログ

KinKi Kidsが今年のコンサートを開催しないことに対する色々な反応を見て

すっかり夏も終わって涼しくなりました。そして気が付く懐の寒さ。

この春からの剛くんは凄かった。本当に凄かった。しかもツアーとフェスと平安神宮東大寺で別人のようなアプローチをみせていて、もうなんなら全部見たい、全部入りたい。凄い勢いで飛んでいった諭吉も羽根の生やしがいがあるってなもんですが、冷静に通帳を見ると笑えます。笑とけ笑とけ。

 

そんな先日10月2日、20年連続で開催されてきたKinKi Kidsの年末年始ドームコンサートが今年は行われないことが、ジャニーズファミリークラブ(JFC)から発表されました。

JFC会員向けのメールとWebサイトでは、「大切なお知らせ」として、「昨年、皆さまにご心配をおかけした堂本剛の症状は、少しずつ回復に向かっているものの、ドームクラスの公演の音圧に耐えうるまでは、残念ながら、まだ回復しておりません」と明かし、そのために関係者で協議を重ねた結果、「KinKi Kidsとしてのパフォーマンスに制限がかかり、万全な形をお見せすることができない」ため「一旦、今年のドームコンサートはお休みさせていただこう、という結論に至りました。」と説明されていました。(「」内は引用)

 

このお知らせを受け、ライトなファンと濃いファンとキンキファンとオンリーとアンリーが共存するツイッターは凄いことになっていました。どこを見ても誰かしらに対する何かしらの不満や苦言に溢れていていて、さすがKinKi。ファンが熱い。

なんとなく、15年前、剛くんがソロデビューをして初のソロコンをしたときのファンの雰囲気を思い出したりもしました。あの時は、剛くんはコンサートでMCのかなりの時間を割いて、ファンに自分の置かれた状況と心境を語っていました。今回も、10~11月に控えている小喜利で、KinKiファンの不安に対して何か語るんだろうなあ。

こういう状況で、彼が考えるであろう「最も誠実な行動」はいつだってそうだったように、きっと「自分に許された範囲でファンに話す」ことだろうと思うのです。うー、胸が痛い…。

 

私は剛くん中心にしか物事を考えられないので、病気によって出来なくなったことを日々実感したり、自分のハンディキャップを何度も繰り返し周囲に説明し、納得させなければならない状況はとても辛いだろうな、と思うと堪らない気持ちになります。それが自身だけでなく、周囲にも大きな影響を与えてしまうとなるとなおさらです。

ただ、私はKinKiファンというわけではないので、コンサートがないこと自体については、ショックということはあまりなく。去年のKinKiコンがまだどこかトラウマのように残っていることもあって、むしろ緊張がとけてホッとするような思いもあり。ネットの騒ぎをどこか傍観者のような気分で見ていました。 

今回の発表をさほど意外に感じなかっためでもあります。それにはいくつか理由があるのですが、今年のライブレポを書いていく中でおいおい整理しようと思います。

 

そんなこんなで、今、KinKiコンがなくて悲しんだり憤ったり何か要望しようとしている人と、何を見ても剛剛剛な私とでは、確実に見えている世界が違うと思うんですよ。そして、去年、剛くんの音楽活動が全部キャンセルになっていったときの自分を思い出すと、ファンにしか分からない気持ちがあるということが痛いほど分かるんですよね。ファンって本当に不思議です…。

 

ジャニーズ事務所の戦略や方針がどうとかいう話もあるようで、内部の事情など知る由もない身としてはなかなか触れ辛いのですが、かと言ってこのファンにも本人にも大きなトピックスをまるっとスルーして、「さあ、小喜利がはじまりましたね!つよしくんかわいいですね!!妖精ですね!!!」というのもどうなんだろうという気がしまして。そんなもん個人のブログなんだから好きにすればいいじゃないかという話なんですが、やっぱり尻の座りが悪いのでメモ書き程度に残しておこうと、そう思ったんです。先週は。

けれど、ちまちま書いているうちに凄い量になり、やっぱり余計なことを書くのはやめました。

見出しだけでこれです。なんだこれは。論文か。


①なぜ炎上したのか
②この「お知らせ」が、時期も発表元も文章も形式も、全部微妙によくない件
③「本当の」説明を望む人たちのいう正義
ツイッターで過激なことを言うオンリーやアンリーや二人至上主義は案外現場に行っていない
⑤数々のKinKiの記録を実際に作ってきた「ファン」とは
⑥「ジャニーズ」というジャンル
⑦ジャニーズファンはこれからの音楽ビジネスモデルにおけるファンの理想形だと思う
⑧ジャニーズ千年王国のための明るく華やかな「正しい」ドームコンサート
堂本剛はジャニーズの申し子であり異端児だけど、もういいんじゃないか


見出しだけで十分恥ずかしい。最後の方とか完全に自分を見失ってます。誰目線なんだ。やっぱり私には刹那な感情を残すツイッターよりも、こうして思いをこねくり回してるうちに我に返って結局書かないブログの方が性に合っているようです。

 

結局のところ、私が気になるのは、「それによって堂本剛がどうなるのか」ということだけなのですが、今回もその断片はラジオで語られいました。

KinKiコンがないことが発表された後、10月6日の『Fashion&Music Book』。

この回のラジオはどうしても剛くんの現状を重ねて聞いてしまい色々な意味で印象的でした。特に、「13年間続けていたバレエを怪我で諦めた過去がどうしても振り切れない」という十代のリスナーへの言葉は心に残りました。

「凄く言いたいこと分かるんですよ。だって、このヒナコちゃんも13年間やっていることだから、自分の人生の一つでしょ。それを急にやめましょう、無理ですってなった時の悔しさとか色んなものあると思うけど…」

そうなんですよね。

10代の終わりから20年間。一口に20年と言っても、仕事でもプライベートでも本当に色々なことがあったであろうなかで続けてきた人生の一部である仕事が、自分が病気になったことで終わってしまった悔しさ。それは剛くんの中でずっと残るんだろうなあと思います。

剛くんのリアルや等身大は一般レベルのそれとはかけはなれていて私とは全く違う次元にあるのですが、彼の音楽に、彼が生きる「彼の現実」がまた現れるんだと思うとできるだけ読み解きたい。

 

周りが真剣に悩んだり語ったりしている時に、こういう「おもしろがり」みたいなスタンスでいることはあまり好きではないのですが、とりあえず剛くんが続ける限り、剛くんの人生の一部であるKinKi Kidsも、置いていかれない程度に見ていこうと思っています。じゃないとやっぱり剛くんの音楽を読み解けないと思うんですよね。

 

KinKi Kidsが終わりを迎えるか、私が読み解くのに飽きて「もう曲があれば、剛くんがどんな気持ちで作ったかとかどうでもいいや」となる日まで。

 

※未だトラウマの去年のオケコンレポ moyoko90.hatenablog.com

 

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

 

※理系なんです…