HIGE DE BOIN

堂本剛ファンブログ

去年と今年の6.19

6月18日の朝、大阪で震度6の地震があり、18日と19日に予定されていたENDRECHERI LIVEの大阪公演が延期になりました。

6月18,19日が、それぞれ8月6,7日に。
参加される予定だったファンの方も、出演者の方、スタッフの方も、大変な思いでしょうが、振替公演が多くの方のいい思い出になりますように。

剛くんは、今朝はもう大阪にいたのでしょうか。
落ち着ける環境にいたらいいなあ。

地震の被害がこれ以上大きくならないことを祈ります。


去年の6月19日は、剛くんの耳に異変が起こった日でした。
19日の夜中、ドラマの撮影中と言っていたから、20日になっていたのかもしれません。
今年はLIVEで楽しい一日になるんだろうと思っていましたが、なかなか難しいですね。


6月19日の夜中に異変が起こってから、本格的な治療にかかれるまでの1週間。
6月27日夕方に入院してから「治療のために貰えた時間」という1週間。
7月4日に退院してからの数か月。


最近、時間がたつにしたがって、その頃の剛くんのことを考えるのがキツくなってきていまして。去年はなんやかんやと過ごしてましたが、こういうことはだんだん重くのしかかってくるんだなあと感じていました。昨夏のKinKiの20周年イベントのDVDも、昨春のMTVも、私はもしかしたら一生見られないかもしれないなあとか思っていたんですが、昨日、健康診断の案内がきたんですよ。問診表に比較の為に去年の数字が書いてあったんですけど、それ見たら私、去年から5キロ肥えてるんですよ。今朝の私の体重、去年プラス5キロなわけですよ。

5キロ。

5キロて。

「はぁぁぁぁぁぁぁ????」と思ったんですけど、よく見たら、ここ3年不変なのに去年だけ5キロ痩せてたんですよ。ああそうだ。普段は健康診断はこの時期だけど、去年は仕事の都合で8月に受けたんだった。

びっくりするほど去年の自分の状態を思い出せず、「え?5キロも痩せてたっけ?ていうか去年の夏といえば『銀魂』だよねー」という感じなのですが、問診表は去年は痩せてたって言うし、同居人も「去年の君はヤバかった」って言うし、彼の言うヤバかったは爆イケだったとは違うニュアンスだし、どうやら当時の私はヤツレていたようです。


忘れるというのは本当に生きていく上で凄いスキルだ。
時間がたてばたつほどキツくなってるように感じても、それは当時の思いを忘れたというだけなのかもしれません。でもキツかったのは私じゃなくて剛くんなんだから、私が忘れる必要は全くないし、体重も戻らなくて全くよかったんだけど。というか、むしろ絶対忘れたくない。

それは、ぬるい凡人の私と違って、剛くんは忘れない人なんじゃないかと。そう思うからです。


今回のライブのMCで、剛くんが『PINK』について、
「当時のキツかった自分を思い出したりもする曲だけど、その時に返ることで現状が見えたりもする。そういう曲が今の自分を支えてくれたりする」
というようなことを言っていて、アーティストという人種の業のようなものを感じました。

剛くんは情が深い。そして感情がとても大きい。
彼が歌うとき、その表現力は最大の武器になる。
それはお芝居でも同じで、だから、彼の演技には心を打たれるし、彼はお芝居の仕事で自分と違う感情になることに酷く消耗するんだろうなあ。


ところで、今の私が去年のキツさを思い出せないくらい能天気なのは、最近の剛くんがとても健康的だからです。

とはいえ、私は肥えたんじゃなくて戻ったんだって言っても、数ヶ月で5キロ増えたことには違いなくない!?

てか、剛くんが、健康的になってボリューム出たのがバストとか、うらやましすぎじゃない!?

 

f:id:moyoko90:20180620001335j:plain
※そりゃ剛くんの好物とか言われたら食べるしかなかったけど!