HIGE DE BOIN

堂本剛ファンブログ

ライブに行って肋骨を折った話

タチの悪い風邪をひいて2~3週間咳が酷かったのですが、ようやく先週あたりからおさまってきました。

肺が軽く炎症起こしてるから安静にしろと言われていたものの、先週末は前々から楽しみにしていたGRAPEVINEのワンマンライブ福岡公演。もちろんろんろん行きました。

最高でした。

GRAPEVINEの音楽は何なんだろう。なんでこんなにいいんだろう。最近どうも涙もろくていけない。

ライブハウスの音は迫力があり、バスドラが鳴るたびにドッドッドッと体中に振動が響き渡る。胸の空洞も内臓も揺れてまるで心臓マッサージをされているよう。五臓六腑に共鳴し、骨まで共振する重低音。ああ、音って波動なんだ。I=p^2/p*c。120dBの音響インテンシティは1W/㎡で音圧は20Pa。それにしてもなんか右脇痛いなあ。

 

と思ったら肋骨にヒビが入ってました。

 

共振しすぎや!

勇ましくモッシュやダイブで骨折とか言う話じゃなくてすみません。早い話が咳のしすぎにここ最近の無理が祟った疲労骨折。自分でも情けなくてびっくりです。


帰り道、なんかアバラに鈍痛がするなあと思ったんですよ。軽く咳をしたら道端にヘタリ込むほどの激痛。膝をつきながら何故かこみ上げる笑い。引く友人。イタッ!アハッ!アハハハハイタタタタ、大丈夫大丈夫、お酒飲んだら治るから。

でホントに飲んだら治ったんですが、店から出るとまた激痛。イタタタアハハハハ、マジウケる、ごめんもう無理、2件目のスナックは今日は無理だわ、ああもう痛いってばよ!助けてタクシー!

もうね、なんか息苦しいから大きく息を吸いたいんですが、痛いから小刻みにしか吸えなくて、咳とかしたら超痛いんですが、笑ってもまた激痛。しゃっくりなんか出ようものなら暴れたくなります。しゃっくりとかここ何年も出たことなかったのになんでこんなときに出てくるの、何なの何なのなんたるのなんたるか、愛のなんたるちあ。

 

ということで、聞いていただきましょう、GRAPEVINEで『聖ルチア』、堂本剛で『Break a bone funk』、ふぉ~ゆ~で『肋骨ミュージック』3曲続けてどうぞ。

  

 

ホネホネロック

ホネホネロック

 

 ※4曲目はもちろんこれ。

 

 【平癒祈念】