とんこつ味

堂本剛ファンブログ

雑誌色々、愛のかたまりとかパルプンテとか

この1か月ほど、雑誌にも載りまくっていたKinKi Kids
立ち読みする気力もなかったのでとりあえず買っていたのですが、改めて見ると凄い量ですね…。

 

■雑誌色々

二人のお互いやKinKiについてのインタビューを読む機会ってあまりないので、面白かったです。特に光一さんのインタビューをじっくり読むことがあまりないので有難い。

久々に読む光一さんのインタビューは色々拗らしてる感が強くて、語尾が「~だもん!」だったり、真面目な質問におちゃらけて答えた後に「(笑)」とかついてたり、「ギャハハ」とか文字にされてたりすると、「ああ、みんなに見て欲しいけど、ファン以外は読まないで…」というジレンマを覚えてしまいます。

拗れとは違いますが、20年前のお笑いを語る剛くんや、10年前の自分を語る剛くんのインタビューを読んだ時を思い出します…。

全体的にファッション誌は落ち着いていて読み応えもありました。

剛くんの方は、どの雑誌も同じようなスタンスで、一言一言考えている感じ。
本当に仙人モードで、落ち着いてて執着してない感が凄くていいなあ。
言葉づかいが丁寧なとこがまた仙人感を醸し出してます。

 ・『BAILA』8月号

剛くん、20万のロエベのニットが似合っててかわいいです。
座ってるとスカートに見えるパンツもかわいい。
欲を言えば全身のショットも見たかったです。
でもなんでそんな秋冬の格好なの。8月号なのに。
つよ仙人は季節感も超越してるのでしょうか。

笑ったのは光一さんの剛に対する印象です。

パルプンテみたいな人」

パルプンテみたいな人って表現、初めて聞きましたよ!

敵味方全員混乱したり、癒されたり、天空から流星が降り注いだり、力がみなぎったり、笑う魔人が現れたり、とてつもなく恐ろしいものを呼び出したり、身構えてるのに何も起こらなかったり、光り輝く竜になったりするのか。

相棒がパルプンテだと冒険が大変そうです。
光一さんの語る剛くんは年々変な人になっていっている。

私にとってのつよっさんは、ホイミでありザオリクでありマホトラでありキアリーでありラリホーでありイオナズンでありマダンテでありメダパニなんですが、…ってそれパルプンテやんけ。

・『an・an』№2062

花柄のオールインワンっぽい上下がケリタスみたいでかわいい。

『愛のかたまり』についての光一さんのインタが面白かったです。シングル曲『HEY!~』に対する「反骨精神から書いた」カップリング曲という話は前もTVでしていましたが、もっと突っ込んで話をしていました。

15年以上前の話なのに光一さんはちゃんと覚えてて凄い。
つよさんの『愛のかたまり』の作詞エピソードは何パターンも聞いたような…。(笑)

それほど光一さんにとって『HEY!~』と『愛のかたまり』が印象深かったのかもしれませんね。

この『HEY!~』『愛のかたまり』についてのエピソードのような、若い頃の葛藤や不安、そして成長していく話はとても興味深いです。

個人的に、そのもう少し後にKinKiの音楽から離れていったんですが、そういう葛藤を当時知っていればもうちょっと違う見方も出来たのかもしれないなあという気がしたりも。

そして、真心ブラザーズのファンなので、『Hey!みんな元気かい?』をKinKiがずっと大切に歌い続けてくれているのは凄く嬉しいです。

それにしても20才ちょいで『愛のかたまり』みたいな曲を作るなんて光一さんって凄い。寡作なのが惜しい。


・月刊ザテレビジョン 8月号

Q -今、なくなったら困るものは?
剛 -考えたこともない。もし、何かがなくなったとしても、だったら、それなりに対応しようと思って生きているので。

このタイミングで読むと心臓が痛くなりました。



【平癒祈念】